HOME > 薬用育毛剤とは > 女性目線で作られた女性用薬用育毛剤

女性目線で作られた女性用薬用育毛剤

女性が薄毛になる原因は、女性ホルモンの減少が一番大きいです。
女性ホルモンはコラーゲンを作ったり、血行を良くしたり、ターンオーバーを正常にしたりと、肌や頭皮に良い働きをします。
しかし、ダイエットや更年期などで女性ホルモンが少なくなると、そうした美容効果がなくなり、抜け毛が増加して薄毛になります。
女性の薄毛予防には、女性ホルモンを活性化させるケアが有効です。
女性目線で作られているのが、女性用薬用育毛剤です。
女性ホルモンにアプローチする成分を配合しているのが特徴です。
女性ホルモンが活性化するので、間接的にコラーゲンが増えたり、血行が良くなったりして、太くコシのある毛髪が生える土台が出来ます。
また、合成香料不使用・アルコールフリーで無添加を謳った女性用薬用育毛剤が多く、安全性が高いのもメリットの一つです。



頭皮の血行を良くする薬用育毛剤

髪の毛の発毛には血行の促進が効果的であることはよく知られています。
実際にほとんどの薬用育毛剤に血行促進成分や血流増加成分が配合されていて、優れた発毛効果を発揮しています。
毛包細胞まで栄養を運ぶ働きをしているのが血液です。
その血液は毛細血管を通って流れていますが、毛細血管が収縮していたり、血液がドロドロだったりすると、栄養の運搬がままならなくなります。
そして細胞が栄養不足になり、薄毛に繋がります。
発毛を促進したいなら、頭皮の血行を良くすることが大切です。
血行を良くする薬用育毛剤を塗ってから、頭皮マッサージをすると効果がアップします。
頭皮マッサージは、頭皮のツボを刺激しながらすると効果的です。
頭頂部にあるツボ「百絵」は、育毛に効果があります。
薬用育毛剤をつけたら、つむじのあたりを優しく押してみるのがお勧めです。



若いうちから薬用育毛剤を使えば効果が有るはずです

よく禿げてから薬用育毛剤を使う人がいますが、それでは遅すぎます。
禿げてしまってからでは毛根がないので毛を生やすことは無理です。
しかし若いうちから禿げの予防の為にこれを使えば、効果はあるはずです。
なぜならまだ毛根があるわけで、その毛根を長持ちさせれば禿げることを防げるからです。
親や親戚に禿げている人がいると言うことは自分も将来的には禿げる可能性があると言うことを若いうちに認識することが大事です。
禿げる心配をしないと禿げ対策を若いうちにやろうとしないはずです。
自分は将来危ないと若いうちにいかに自覚するかが将来の禿げを防ぐことになるわけです。
親が禿げている人は若いうちに自覚できやすいですから、20歳ぐらいから薬用育毛剤を使えば禿げない可能性があると思われます。
そうすれば、毛根が元気であれば禿げないわけですから、毛根の元気さを維持することが出来ると考えられます。

次の記事へ

PAGE TOP