HOME > 薬用育毛剤とは > 男性型脱毛症予防に効く薬用育毛剤

男性型脱毛症予防に効く薬用育毛剤

頭頂部や額の生え際に脱毛ホルモンが発生し、脱毛するのが男性型脱毛症(AGA)です。
男性型脱毛症は、進行性の脱毛症です。
放置して自然治癒することはまずなく、何もしないでおくとむしろますます悪化します。
男性型脱毛症になりたくないなら、初期対応が大事です。
薄毛がひどくなってしまうと病院に行って治療するしかなくなりますが、まだ初期段階なら自分で改善することが可能です。
頭頂部の地肌が目立ってきたり、生え際が気になってきたら、すぐに男性型脱毛症に効果がある薬用育毛剤でケアをすることが大切です。
ジヒドロテストロン(DHT)や5α還元酵素を抑制する薬用育毛剤は、男性型脱毛症に効果があります。
また、女性ホルモンが増えると相対的に男性ホルモンが減るので、女性ホルモンを活性化する薬用育毛剤も、男性型脱毛症に効きます。



薬用育毛剤によく使われている有効成分

薬用育毛剤を使うなら、有効成分の働きについて理解しておくと便利です。
ヒオウギエキスやオウゴンエキスは5αリダクターゼが脱毛ホルモンになるのを予防する成分です。
主に男性型脱毛症に効果があります。
イソフラボンは女性ホルモン・エストロゲンを増強する有効成分です。
また、保湿効果も高く、頭皮の乾燥予防ができます。
イソフラボンは女性の薄毛にも男性の薄毛にも効果があります。
ミノキシジルは血管を広げ、血行を良くする医薬品です。
ミノキシジルは医薬品育毛剤に配合されていることが多く、強い発毛効果があります。
薬用育毛剤には、ミノキシジル誘導体のピディオキシジルが配合されていることがあります。
比較的新しい育毛有効成分で、ミノキシジルと分子構造がそっくりです。
ミノキシジルの場合は副作用に注意が必要ですが、ピディオキシジルなら副作用がなく安全です。



頭皮環境を改善する薬用育毛剤のメリット

薄毛対策に用いられる様々な育毛剤は、目的として髪の毛を健康的に生やしていくことを目的としています。
さらに頭皮の環境を改善したり、毛穴の詰まりを解消させる時にも用いられます。
そもそも育毛剤というのはメリットが多いですが、種類によって大きく変わります。
一般的な薬用育毛剤のメリットをみていくと、まず皮脂などが多くなった頭皮環境について、使うことによって改善することが期待できます。
そして男性型脱毛症に関する効果を期待できる成分も入っていることがありますが、副作用がほとんどありません。
頭皮環境の改善というのは、直接塗っていくことによって効果的な成分が浸透していきます。
次第に頭皮環境が改善されて、理想的な髪の毛が生える環境となります。
さらに保湿成分や抗炎症成分であったり、抗アレルギー成分を含んでいるものもあります。
これらの成分が血行促進にも役立っています。

次の記事へ

PAGE TOP